「Japanese Ramen Shangri-Laグループ」がアンコール・タイガーFCの新スタジアムでの飲食パートナー締結

 

[2024年3月14日] – 美味しく本格的なラーメン料理で有名なJapanese Ramen Shangri-Laグループは、アンコール・タイガーFCと独占契約を締結し、同クラブの新スタジアムにおける公式飲食パートナーになることを発表した。

Japanese Ramen Shangri-Laグループとアンコール・タイガーFCは、ホームでの試合日や年間を通じて、サポーターにユニークで美味しい食事体験を提供する。

 

以下Japanese Ramen Shangri-Laグループ CEO山川翔太(写真左)コメント
「アンコール・タイガーFCの新スタジアムのオフィシャルF&Bパートナーとなることは、Japanese Ramen Shangri-Laグループにとって夢のようなことです。私たちは、クラブの卓越性とコミュニティ精神への献身を長年賞賛してきました。このパートナーシップにより、情熱的で応援してくれるファンとスタジアム料理への情熱を分かち合うことができ、シーズンを通して彼らのエネルギーと興奮に火をつけることが待ち遠しいです」

 

以下アンコールタイガーオーナー加藤(写真右)コメント

「Japanese Ramen Shangri-Laグループを新スタジアムのオフィシャルF&Bパートナーとして迎えることができ、大変嬉しく思います。 このパートナーシップは、地元で愛されるレストランをサポートしながら、地元の優れた料理をファンに提供するという、両者にとってWin-Winの関係になると確信しています」

 

内容
この契約により、Japanese Ramen Shangri-Laグループは、アンコール・タイガーFCの新スタジアム内で飲食売店を営業する独占権を得る。
スタジアムに訪れたファンはワンダーパスによる様々な料理の座席デリバリーシステムを期待することができる。

 

「Japanese Ramen Shangri-Laグループ」について
2013年11月にオープンしたカンボジアのラーメン界のパイオニア、Japanese Ramen  Shangri-Laグループは、カンボジアで最も古いラーメン店である。「あなたの行きつけのソウルフード」をテーマにオープンして以来、老舗店として君臨し続け、カンボジアのラーメン文化の礎を築いた。

現在、プノンペン市内に4店舗を展開するシャングリ・ラは、今年5月に「Menya Gento Japanese Ramen and Cuisine」 と 「Zenkai Japanese Soba and Tempura」の2店舗をオープンし、さらなる成長を目指す。
設立 2013年11月
店舗数 4店舗(2024年2月現在)
コンセプト “あなたのソウルフード”
ウェブサイト:(https://shangrila-gr.com/)
フェイスブック:(https://www.facebook.com/ramen.shangrila

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします