カンボジアリーグは今週末のEDC戦を最後に前半戦が終わり、いよいよ後半戦に突入していきます。
 
今回も試合に関する記事なのですが、普段のリーグ戦ではありません。
そう、今週から始まるもう一つの戦いフンセンカップを紹介していきます!
 
 
目次
1.フンセンカップって何?
2.タイガーにとってのフンセンカップ
3.「バイザー株式会社」様、「株式会社情報戦略テクノロジー」様スポンサーに!
 
 
1.フンセンカップって何?
フンセンカップとはリーグ戦とは別に開催される大会です!リーグ戦が土日なので、フンセンカップの試合は平日に開催されます。
 
日本でいうと天皇杯にあたる大会で、内容も非常に似ています。
まずはアマチュアチームによる地区予選から始まり、プロチームはベスト16から参戦します!
 
ただ、一つ紹介しておくべき特徴があります。
それは…カンボジア人選手しかプレーできないということ!
この大会、外国人選手は参加できないのです!
 
タイガーには日本人選手が3人、アルゼンチン人とナイジェリア人が1人ずつ所属していますが、もちろん全員出場できません!
 
 
2.タイガーにとってのフンセンカップ
今週から始まるフンセンカップ、当然タイガーが狙うのはタイトルです!
実は昨シーズンのフンセンカップ、タイガーには悔しい記憶が…。
 
去年の準々決勝、相手はリーグ制覇経験もある強豪プノンペンクラウン
1stレグはホームゲームだったものの、0-3で敗戦。2ndレグ、今度はクラウンのホームに乗り込んでのアウェーゲーム、最早これまでかと思われたが…まさかの4-1で勝利し合計スコア5-5に。そしてPK戦でまさかまさかの4-3で勝利大逆転勝利で準決勝進出を決めたのです!
 
悲願の初タイトルまで後少し…!
 
だがしかし、準決勝でポリスと対戦し0-2で敗北してしまい、初タイトルはお預けとなってしまったのです。
 
ですが、今シーズンのタイガーはひと味違います!
リーグ戦では現在3位(12節終了時点)と優勝を狙える位置についています!
シェムリアップにトロフィーを持ち帰るためにも、今年こそチャンピオンに…!
そんなフンセンカップの注目選手は…FWペアヤング選手です!
攻守の切り替えと戦術理解に優れる一方で、ちょっとコミカルな一面も持つ我らのNo.10に、フンセンカップの意気込みを聞くと…
 
「重要なタイトルの一つだね。いつもリーグで外国人選手が出場しているポジションが空くわけだから、スタメンで出場できていないカンボジア人選手にとってはアピールするチャンスだよ。」
 
と、闘志を燃やしていました。
それもそのはず。今シーズンはスタメン出場が6試合となっているペアヤング選手。
フンセンカップでアピールして競争が活発化すれば、チームも活気づきます!
 
 
3.「バイザー株式会社」様、「株式会社情報戦略テクノロジー」様がスポンサーに!
リーグ戦に加えてフンセンカップも戦うことが出来るのは、多くの方々の支えがあってこそ。今シーズンのフンセンカップでは「バイザー株式会社」様、「株式会社情報戦略テクノロジー」様にタイガーをスポンサーをしていただいております! バイザー株式会社は情報サービス企業で、地域の連絡網を支える高速一斉メール配信サービス「すぐメールPlus+」や地域イベントの情報発信を促進するローカルイベント発信サービス「アストモ」などを展開しています。
 
株式会社情報戦略テクノロジーはITコンサル企業で、新しいビジネスの形「ゼロ次請け」を強みとし、顧客のパートナーとしてシステムの構築から運用まで一貫して支援する事業を展開しています。
 
選手達が着用するフンセンカップ仕様のユニフォームには「株式会社情報戦略テクノロジー」様と「バイザー株式会社」様のロゴを掲示していただいております!
 
 
初戦となるフンセンカップラウンド16EDC FCとの1stレグと、2ndレグの詳細は以下の通りです!
1stレグ
6月26日(水)15:30(日本時間17:30) キックオフ
EDCスタジアム
ネットでのライブ配信はこちらから
 
2ndレグ
7月11日(木)15:30(日本時間17:30) キックオフ
シェムリアップスタジアム
ネットでのライブ配信はこちらから
 
タイガーの詳しい情報はTwitter,Facebookをチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします